上の画像はポンド円とポンドドルがもう少しでCorrelationV3の上下の●が点灯しそうな状況です。(この後点灯しました。)
スケールメーターもポンドは0.8になっています。

しかし4時間足のボリンジャーバンドのセンターラインで跳ね返される可能性もあるので、ポンド円やポンドドルはショートでのエントリーはできず、ノートレードでした。

その後、結果的に反転したのでエントリーしなくて良かったです。

4時間足や日足のトレンド方向やチャートポイントを意識していると、今回のように負けを避けられる場合もありますが、もちろん取り損ねることもあります。

 

おすすめの記事